必要なアイテム・便利なアイテム

HOME > 必要なアイテム・便利なアイテム > 自転車通勤におすすめの高機能レインコート

自転車通勤におすすめの高機能レインコート

クロスバイクで通勤するうえで、避けられないのが雨。出社時なら自転車通勤しないという選択もできますが、自転車通勤をせざるを得ない時や、通勤途中での突然の雨はどうしようもありません。
とはいえ、本気のレインコートを常にかばんに備えておくのも重量がかさむので避けたいところ、そこでおすすめなのが高機能で超軽量なレインコート。一時的な雨を避けるのであれば100円均一ショップで売っているレインコートでもいいのですが、高機能で小さく軽い自転車用レインコートのほうが、快適に自転車通勤ができるというものです。
現在の高機能レインコートは日々進化しており、雨は通さない一方、通気性は高く、しかも小さく畳めて携行しやすいというものが増えてきました。さらに、少し肌寒いと感じた時にはウインドブレーカーにも使える、そんな自転車通勤の強い味方になってくれるおすすめ高機能レインコートを紹介いたします。

必須アイテム・便利なアイテム

<広告>

高機能レインコートを選ぶ際の基本事項

100円均一ショップなどに売っているレインコートから5万円以上する高機能レインコートまで価格帯は様々ですが、一般的には高いものほど高機能です。では、何をもって高機能なのかを紹介します。

耐水圧

耐水圧とは、水の染みこみにくさを表す数値です。この数値が高いほど防水性が高いといえます。

一般的な目安

20,000mm  嵐レベルの雨でも大丈夫
10,000mm  大雨でも大丈夫
2,000mm(100円均一ショップなどに売っているレインコート)  中雨程度なら大丈夫
300mm(一般的な傘レベル) 小雨程度なら大丈夫

上記は一般的な目安で、自転車通勤時に動くことや風圧などを考えると、10,000mm以上の数値があればよいでしょう。これぐらいのものであれば自転車だけでなく登山や長時間の野外フェスなどにも使用できます。

透湿度

透湿度とは汗を外に出す度合いを表す数値です。この数値が高いほど蒸れにくいといえます。この数値が低いレインコートだと、外の雨はガードできても自分の汗で体中ビショビショになることも。

一般的な発汗量の目安(1時間あたり)(体質や季節によって異なります)

大人安静時  約50g
軽い運動 約500g
ランニング等の激しい運動 約1,000g

クロスバイクはランニング以上の高い発汗量のある運動なのですが、風を切って進むため、汗が自然と乾き、そこまで汗をかいているようには感じません。

しかしながら雨を防ぐために外気をシャットアウトするレインコート着用となると話は別です。そのため、透湿度は5,000g以上ないと不快です。最低でも10,000g以上、できれば20,000g以上あれば快適に自転車通勤できます

たたんだ時の大きさ・重さ

今回紹介するレインコートは万が一に対応できるように、常に通勤バッグの中に入れておくことになります。そのため、防水性は高くても大きくて鞄の中に入らないのは問題外。重さもできるだけ軽いほうが快適に通勤できるというものです。きちんとした機能をもち、なおかつ軽くて小さいものがベストです。

アイテム名 重さ たたんだ時の大きさ(cm)
モンベル レインダンサー 335g 9×9×17
モンベル バーサライトジャケットメンズ 166g 6×6×14
ザ・ノース・フェイス ストライクジャケット 130g 18.5×6.5
パタゴニア メンズアルパインフーデニジャケット 195g 13×18
マムート MTR201 レインスピードジャケット 158g 19×26
アウトドアリサーチ ヘリウム2 ジャケット 176g 15×14
サロモン JP C168シェルジャケット M 135g
(参考)iPhone6s 143g 13.8×6.7

登山用やバイク用のレインコートにも耐水圧・透湿度が高いものが多いのですが、自転車通勤を考えるなら畳んだ時の大きさ・重さのバランスを考えたレインコートを選ぶほうが良いでしょう。軽くて小さいものであれば旅行などにもっていけますので、自転車通勤時だけでなく様々なシーンで活用させることができます。

自転車通勤におすすめのレインコート

耐水性・透湿性のいずれも高くさらに軽いという自転車通勤向けレインコートを紹介します。これらはレインコートという用途以外にもウインドブレーカーとしても使える優れもの。多くの場合、ウインドブレーカーとレインコートの2つを通勤カバンに常備するより、これらのアイテム1つを常備したほうが便利です。

また、このような高機能・超軽量のウェアはロングライドや旅、登山、野外フェスなどに持っていくのにも最適です。少々値段は張りますが、長い目で見たらお得です。

モンベル レインダンサージャケット

モンベル レインダンサージャケット

耐水性ナンバーワン素材のゴアテックスを使用している高機能レインコートの中で最もリーズナブルな価格を実現したモデル。3層のゴアテックス素材なので高い耐水性を誇っています。デザインも良いので普段使いでも活躍できる代物。

ゴアテックスでこの価格は驚愕ですが、後に紹介するパーサライトジャケットのほうが若干安いだけでなく、軽さと畳んだ時の大きさ、さらに透湿性が良いため、毎日の自転車通勤に使用するのであればどちらにするか悩みどころ。

素材 ゴアテックスファブリックス3レイヤー
重さ 335g
たたんだ時の大きさ(cm) 9×9×17
耐水圧(mm) 45000
透湿性(g/m2/24hrs) 13500
価格 15000円

モンベル バーサライトジャケット

モンベル バーサライトジャケットメンズ

「コストパフォーマンスの高さ」でおなじみのモンベルの中でも、特に人気のレインウェア。極細のバリスティックナイロン糸で織ったリップストラップ地は強度が高いのにもかかわらず、伸縮性の高さもウリ。さらに独自開発の防水透湿素材をラミネートしているので、圧倒的な軽さと高い耐水性を実現しています。ジャケット本体をコンパクトにたためば付属のバッグにすっぽりと収納可能。このサイズならばロングライド時のお供にもピッタリ。性能の割に価格も手頃で、コストパフォーマンスの良い逸品です。

素材 スーパーハイドロブリーズ × 15デニールバリスティックエアライト
重さ 166g
たたんだ時の大きさ(cm) 6×6×14
耐水圧(mm) 20000
透湿性(g/m2/24hrs) 15000
価格 11239円

スーパーハイドロブリーズ × 15デニールバリスティックエアライト

スーパーハイドロブリーズは長年の技術の積み重ねをもとに開発された独自素材。雨の粒子を防ぎながら、汗などの湿気はスムーズに放出させるという特性。20回~30回洗濯しても撥水機能が低下しない耐久性の高さにも注目。さらにそれを極薄シェル素材の15デニールバリスティックエアライトにラミネート。

ザ・ノース・フェイス ストライクジャケット

ザ・ノース・フェイス ストライクジャケット

ノースフェイス史上、最軽量の三層構造防水透湿ウェアは、7デニールという超極薄ナイロンを表地に使用しています。耐水性能も高く、嵐の中でも活用できる強さを誇っています。表地はきわめて薄手でストレッチ性も高く、様々なシーンに使用することができます、さらに丈夫でムレ知らず、透湿性も抜群です。

デザイン性も高く、タイトなシルエットなので自転車を降りてもそのまま街中でも使えるレベル。自転車通勤以外でも様々な場面で活用できます。たたんだ時のことも考えられており、普通ならかさばる三層構造生地にもかかわらず、付属のスタックバックに収まるので旅行に持っていくのにも最適。

素材 ハイペンド
重さ 130g
たたんだ時の大きさ(cm) 18.5×6.5
耐水圧(mm) 20000
透湿性(g/m2/24hrs) 40000
価格 18000円

ハイペンド

PUコーディングをナイロン素材に施すことで、耐水性と透湿性を極限まで高めたドライな使用感の独自素材。防風性に優れるうえ、極めて軽く伸縮性も抜群。

パタゴニア メンズアルパインフーデニジャケット

パタゴニア メンズアルパインフーデニジャケット

高山での活動も想定した作りのアルパインフーデニジャケットはパタゴニアの定番モデル。その高い機能性と軽やかな雰囲気は街着として使用しても違和感のないデザインはさすがのパタゴニア。一方で機能性は高く、20デニールのリップストップナイロン地はしっかりとした張りがあるわりに軽量さと頑強さが高く、体の動きを妨げないナチュラルな伸縮性をしっかりと備えています。

さらに過酷な環境下でも風雨をしっかり防ぐ機能性を備えるために、生地には防水透湿メンブレンを張り合わせたうえ、DWR加工を施しています。 収納は左胸に備えられたポケット部分に。袋と本体が別々にならないので、本体を丸ごと収納でき、携行しやすくなっています。

素材 DWR加工済みナイロンリップストップ
重さ 195g
たたんだ時の大きさ(cm) 13×18
耐水圧(mm) 10000
透湿性(g/m2/24hrs) 非公開
価格 24000円

DWR加工済みナイロンリップストップ

張りのあるナイロン時に防水透湿性の膜を張り合わせた素材。乾燥時間を短縮するDWR(耐水性撥水)を併用することで、雨濡れによる透湿性低下を抑制。耐久性も高いので自転車通勤でも安心。

マムート MTR201 レインスピードジャケット

マムート  MTR201 レインスピードジャケット

150年の歴史を誇るスイスの名門ブランドマムート。同社が手掛ける先端モデルがMTR201レインスピードジャケット。素材は2.5層のドライテック素材で、耐水性が高く、雨の中自転車で走っても中まで水が染みこんできません。一方、使われている生地は薄く、激しい動きでも対応できる伸縮性も備えています。透湿性を高めるために、背面にベンチレーションを設けられており、湿気がこもりにくいというのも魅力的な点。普段の自転車通勤時のウインドブレーカーとして使ってもOK。

携行性も高く、小さくたためば左胸に備えたポケットにまるごと収納できます。

素材 ドライテック
重さ 158g
たたんだ時の大きさ(cm) 19×26
耐水圧(mm) 10000
透湿性(g/m2/24hrs) 15000
価格 29000円

ドライテック

ドライテックは本格的なアウトドアフィールドでの着用にも耐えうる耐久性と防水性も備えているのが特長。ストレッチ性を抑えた生地に、ラミネート加工を施した独自素材。腰のある生地がしっかりと雨をシャットアウト。優れた透湿性で、肌面のムレを輩出し、ドライ感を長時間キープしてくれる。

アウトドアリサーチ ヘリウム2 ジャケット

アウトドアリサーチ ヘリウム2  ジャケット

2010年に登場し、以降多くの人々から称賛された高機能レインコートの最新版。以前より6%軽くしつつ、透湿性を10%、防水性を35%高めています。生地は2.5層のバーテックスシールド+で、雨水の浸入をしっかりと防いでくれます。軽くてムレにも強いのでクロスバイクで自転車通勤するのにぴったり。もちろん、急な暴風雨にも耐えられるレベルなので、自転車通勤以外の時でも様々な場面で十分に使えます。

適度に薄くて軽い30デニールのナイロンリップストップ地は、わずかながらストレッチ性も備えているので、運動時にも使いやすくなっています。 肝心の携行性の面でも考えられており、スタッフバッグではなく、内ポケットをひっくり返して、本体を小さくたたんで丸ごと収納できるタイプです。このタイプはたたんだ時の袋がなくなってしまうこともないので便利。

素材 バーテックスシールド+
重さ 176g
たたんだ時の大きさ(cm) 15×14
耐水圧(mm) 13000
透湿性(g/m2/24hrs) 20000
価格 18000円

バーテックスシールド+

防風性、撥水性を備えたナイロン素材の「バーテックス」に防水透湿コートを施した高性能素材。防水性・透湿性のバランスがよく、長時間動き続けるような場面でも不快感が少ないのが特長。

サロモン JP C168シェルジャケット

サロモン  JP C168シェルジャケット M

数ある防水透湿ファブリックの中でも、特に透湿性能に秀でたバーテックスシールド+生地を採用しているので、長時間の自転車通勤でもムレにくいのが特長。薄くて軽い7デニールのナイロン素材を表地に使っているだけでなく、ストレッチ性が高く快適に運動できます。

素材 バーテックスシールド
重さ 135g
耐水圧(mm) 20000
透湿性(g/m2/24hrs) 20000
価格 43000

バーテックスシールド+

防風性、撥水性を備えたナイロン素材の「バーテックス」に防水透湿コートを施した高性能素材。防水性・透湿性のバランスがよく、長時間動き続けるような場面でも不快感が少ないのが特長。

サイズの選び方

レインコートを自転車通勤時だけでしか使用しないのであれば、ワンサイズ大きいモノを選びましょう。というのも、メッセンジャーバックやリュックサックなどをレインコートの中に入れて雨から守ることも視野に入れましょう。

一方で、雨に強いウインドブレーカーとしての位置づけで探すのであればジャストサイズがおすすめです。もちろん冬には中に着こむことも考慮に入れますが、すぐに体が温まってくるため、そこまで厚着をする必要はありません。一方でクロスバイクは思った以上に風の影響を受けやすく、大きいサイズであればその影響は更に強くなるからです。

この場合、通勤用バックは防水性の高いものを選ぶことになります。別ページでティンバック2のメッセンジャーバッグを紹介しておりますが、このバックは多少の雨では中まで水が入ってこないのでおすすめです。

メンテナンスについて

高性能レインコートといえども、繰り返しの使用や洗濯などによって環境により徐々に機能は低下してしまいます。特に雨天時に使用し、そのまま放置しておくと劣化速度は早まります。特に汚れにより微細な穴が目詰まりすると急速に透湿機能が低下します。クロスバイクと同じで機能低下を抑えるために使った後のメンテナンスをしっかりとしておきましょう。

メンテナンス方法

  • 1.使用後は乾いた布で水気を拭き取る
  • 2.泥などで汚れた場合はそのまま放置せず中性洗剤か ぬるま湯で優しく手洗いする
  • 3.直射日光を避け、日陰で干す

まとめ

毎日自転車通勤する人や、たまにの人、雨の多い地域に住んでいるかなど、人によって必要な機能は異なります。先ほど紹介したアイテムを一覧にまとめましたので、こちらの表を参考に自分にあったレインコートを選びましょう。

ITEM 重さ 耐水圧 透湿性 価格
モンベル レインダンサー 335g 45000 13500 15000円
モンベル バーサライトジャケット 166g 20000 15000 11239円
ザ・ノース・フェイス ストライクジャケット 130g 20000 40000 18000円
パタゴニア アウトドア フーディニ・ジャケット 195g 10000 非公開 24000円
マムート MTR201 レインスピードジャケット 158g 10000 15000 29000円
アウトドアリサーチ ヘリウム2 ジャケット 176g 13000 20000 18000円
サロモン シェルジャケット 135g 20000 20000 43000円