その他

HOME > よくある質問

よくある質問

よくある質問

<広告>

1.クロスバイクはメンテナンスが大変じゃない?

自転車に凝っている人は、部品を自分で交換したりして、様々なカスタマイズに励んでいますが、クロスバイクのメンテナンスは、そんなに大変ではありません。

一般的なメンテナンスは、変速機の調子が悪い時の調整パンク修理くらいですが、変速機の調整は、微調整くらいであれば、ドライバー1本あれば簡単に行うことができます。

パンク修理も、一度やってみるとさほど難しいものではありません。もちろん両方とも、面倒であれば、近所の自転車屋さんにお願いすればよいのです。後は、時々タイヤに空気を入れるのを忘れない事と、必要な部分に注油をすることぐらいです。

2.すごく前傾姿勢だし、サドルが固そうだし、乗っていて疲れない?

クロスバイクの場合、ハンドルの位置が低いといっても、ドロップハンドル車と違って、せいぜいサドルと平行か、やや低いくらいです。

初めて乗る時は違和感があるかもしれませんが、乗り慣れると、むしろママチャリのほうが、ハンドルが高くて乗りにくいと感じるようになると思いますし、「正しい乗車姿勢」で乗っていれば、お尻が痛くなったりとか、妙な部分が痛くなったりする事はないはずです。

正しい乗車姿勢は、買う時にショップで設定してくれます。

3.タイヤが細いけど、パンクしたり、転んだりしない?

クロスバイクのタイヤが細いからといって、特にパンクしやすいという事はないです。また、歩道の段差を気にする人が多いですが、人気のEscape R3の700×28C(=タイヤの太さ28ミリ)や、それより太いタイヤであれば、そんなに気にする必要はないと思います。ただ、歩道は歩行者の安全を守るためにも、できるだけ車道を走りましょう。

また、かなり高さのある段差に斜めから突っ込んだり、ツルツルの路面でブレーキをかけながら急ハンドルを切ったりしない限りは、タイヤが細いからといって、そうそう転ぶ事はありません。

4.サイズがいくつかあるけど、どれを選べばいいの?

メーカーや販売店のホームページなどを見ると、サイズ毎の推奨身長が載っていると思いますので、それを参考にしてください。一般的なサイズ表についてはサイズについてにて紹介しております。一番オススメは、お店でクロスバイクに実際に跨ってみることです。