クロスバイク車種一覧

スペック表の読み方

スペック表の読み方

<広告>

速度重視、快適重視について

各モデルに、「速度重視」「快適重視」と記載しておりますが、ここでは装備しているコンポーネントによって速度重視と快適重視の2タイプに分類しております。

快適重視

快適重視はMTB用のコンポーネントを備えたクロスバイクのことを指しております。ギヤ比の幅が広く、急な坂道でも軽いトルクで進めるワイドレシオ仕様。

速度重視

速度重視はロードバイク用のコンポーネントを備えたクロスバイクのことを指しております。ギヤ比の高低差はあまりないのですが、その間で細かい歯数差の変速ができるクロスレシオ。

クロスレシオ ロードバイクに多く採用。ギヤの歯数差は小さめ。細かいギヤ比で変速でき、足への負担をこまめに軽減する。
ワイドレシオ MTBやクロスバイクに採用。フロントは3枚歯でリアのギヤの歯数差も大きめ。軽いギヤで急な坂道もラク。

価格帯

価格は最も重要なポイント。クロスバイクのボリュームゾーンは5万~10万の間ですが、それに加え、購入後必要なアイテムの費用も考えておきましょう。

価格帯 評価
50000円以下 評価:6
60000円~50001円 評価:5
80000円~60001円 評価:4
100000円~80001円 評価:3
130000円~100001円 評価:2
130001円以上 評価:1

タイヤの太さ

タイヤの太さは細ければ細いほどころがり抵抗が少ないので、早く走ることが可能になります。ただ、その分パンクしやすいなどのデメリットも。詳しくはタイヤのページを参照してください。

タイヤの太さのオススメ

オススメは29C以下の太さがオススメ。ママチャリとは全く異なる世界を味わえるはず。

太さ 評価
700×23C 評価:6
700×25C・700×26C 評価:5
700×28C・700×29C 評価:4
700×30C・700×31C 評価:3
700×32C 評価:2
700×35C以上 評価:1

重さ

重さはクロスバイクにとって非常に重要な要素です。軽ければ軽いほど走りやすく、疲れにくいです。ただし、メーカーによって付属品込みの価格の重さの場合もあればそうでない場合もあるので、スペック表だけを重視しないようにしましょう。

重さのオススメ

できれば11kg以下を選びましょう。漕ぎ出しが楽で、担いで運ぶこともできて便利です。

重さ 評価
8.9kg以下 評価:6
9kg-9.9kg 評価:5
10kg-10.9kg 評価:4
11kg-11.9kg 評価:3
12kg-12.9kg 評価:2
13kg以上 評価:1

コンポーネント

コンポーネントにはロード向けコンポーネントと、MTB向けコンポーネントが主に採用されております。また、それぞれにグレードが存在しています。上位グレードほど高品質で高価格。

ロード向けコンポーネント

コンポーネント 評価
SHlMANO ULTEGRA / SHlMANO DURA ACE 評価:6
SHlMANO 105 評価:5
SHlMANO TlAGRA 評価:4
SHlMANO SORA 評価:3
SHlMANO CLARIS 評価:2
SHIMANO ALFINE 評価:1

MTB向けコンポーネント

コンポーネント 評価
SHlMANO XT / SHlMANO XTR 評価:6
SHlMANO SLX 評価:5
SHlMANO DEORE 評価:4
SHIMANO ALlVIO 評価:3
SHlMANO ACERA 評価:2
SHIMANO ALTUS 評価:1

その他

コンポーネント 評価
SHIMANO TOURNEY
SHlMANO TX800
SHlMANO NEXUS
評価:1

ギア数

ギア数は基本、コンポーネントと連動しており、SORAなら9速、TIAGRAなら10速と決まっております。上位グレードになればなるほどリアのギア数も増えますので、ギア数が増えれば増えるほど細かな調整が可能です。

「2×10のTIAGRAよりも、3×8のTOURNEYがギア数が多くていいのでは」と捉える方もいると思いますが、ここではフロントのギア数は重視しません。あくまでリアのギア数を重視しており、ギア数のについてもTIAGRA >>>> TOURNEY という扱いです。ご注意ください。

ギア数 評価
2×11・3×11 評価:6
2×10・3×10 評価:5
2×9・3×9 評価:4
2×8・3×8 評価:3
2×7・3×7 評価:2
1×3 評価:1

クロスバイク有名メーカー一覧

バッソ(BASSO)バッソ(BASSO)
街乗りモデルでさえも走行性能の高さを備えたものが揃う
ビーオール(BE ALL)ビーオール(BE ALL)
「新しい時代の乗りもの」を提案し続けるブランド
ビアンキ(BIANCHI)ビアンキ(BIANCHI)
性能面でもデザイン面でも人気の高い自転車界の老舗
ビーエムシー(BMC)ビーエムシー(BMC)
美しさ・情熱・精密を併せ持ったハイエンドスポーツバイクブランド
ブリヂストン(BRIDGESTONE)ブリヂストン(BRIDGESTONE)
世界のブリヂストンのスポーツバイク
キャノンデール(CANNONDALE)キャノンデール(CANNONDALE)
アルミの技術で自転車業界をリード
センチュリオン(CENTURION)センチュリオン(CENTURION)
質実剛健なタフで操作性に優れるモデルが多数
チネリ(CINELLI)チネリ(CINELLI)
アート路線のバイクから高級パーツ、アパレルまで幅広く展開
コルナゴ(COLNAGO)コルナゴ(COLNAGO)
自転車界のフェラーリともいえるコルナゴはレースで勝つことのみを追求
デローザ(DE ROSA)デローザ(DE ROSA)
赤いハートマークでおなじみの名門バイクブランド
フェルト(FELT)フェルト(FELT)
機能美溢れるドイツの高品質ブランド
フジ(FUJI)フジ(FUJI)
スタイリッシュなデザインで独自のポジションを確立
ジャイアント(GIANT)ジャイアント(GIANT)
手頃な価格でスペックの高い自転車を提供
ジャイアントリブ(GIANT)ジャイアントリブ(GIANT Liv)
世界NO1ブランドGIANTの女性向けブランド
ジオス(GIOS)ジオス(GIOS)
素材加工へのこだわりと、鮮やかな青が魅力
ジーティー(GT)ジーティー(GT)
伝統のトライアングルフレームが特徴
ジェイミス(JAMIS)ジェイミス(JAMIS)
高品質な金属フレームの技術に長けたアメリカンブランド
コナ(KONA)コナ(KONA)
既成概念にとらわれずにだれもが乗りやすい自転車を開発
ルイガノ(LOUIS GARNEAU)ルイガノ(LOUIS GARNEAU)
カジュアルかつスポーティなモデルを展開
メリダ(MERIDA)メリダ(MERIDA)
高度な技術力とジャイアントに次ぐ世界第2位の販売台数のビッグブランド
オルベア(ORBEA)オルベア(ORBEA)
レースでの実績を誇るスペイン最大の総合バイクブランド
プジョー(PEUGEOT)プジョー(PEUGEOT)
デザイン性とコストパフォーマンスを兼ね備えたブジョーが送るハイセンスなブランド
ピナレロ(PINARELLO)ピナレロ(PINARELLO)
イタリアンブランドとして常に第一線で活躍する数少ない存在
ラレー(RALEIGH)ラレー(RALEIGH)
価格以上に価値のあるクロスバイクがおすすめ
ライトウェイ(RITEWAY)ライトウェイ(RITEWAY)
日本人への専用設計で快適な乗り味を実現
スコット(SCOTT)スコット(SCOTT)
安全と品質にこだわった顧客満足度の高い人気メーカー
シュウイン(SCHWINN)シュウイン(SCHWINN)
ストリート文化が息づくアメリカンバイク
スペシャライズド(SPECIALIZED)スペシャライズド(SPECIALIZED)
世界のベストサイクリングブランドを目指す
トレック(TREK)トレック(TREK)
トレック独自開発のOCLVカーボン素材が有名