メンテナンス方法

HOME > クロスバイクのメンテナンス方法 > 前輪の着脱方法

前輪の着脱方法

車に積んだり袋に入れて輪行したりと、前輪を外すシチュエーションは意外と多いのです。しかし見た目ほど難解ではなく、慣れてしまえば30秒程度でできるようになります。

<広告>

▼前輪を外す手順

▼前輪をはめる手順

前輪を外すだけで持ち運びが楽に

前輪の着脱方法

クロスバイクに乗るまでは、自転車を車に積んで旅行するなんていう発想がなかったかもしれませんが、クロスバイクを手に入れたならば、そんな週末の過ごし方も現実味を帯びてくるでしょう。

この時に欠かせないのが前輪の着脱です。もともとスポーツバイクはタイヤを外すことを前提に設計されているので着脱は簡単。タイヤの脱落防止のためのクイックリリースレバーを解除するだけでよいのです。

前輪を外す手順

1.Vブレーキをつまむ

多くのクロスバイクで便用されているVブレーキで解説します。まずはブレーキワイヤを外すためにブレーキをつまみます。

2.ブレーキワイヤを外す

Vブレーキをつまみながらワイヤを本体から引き離す。上に引っ張ると外れれやすいです。

3.レバーのロックを解除する

ほとんどのスポーツバイクのホイールはクイックリリースレバーが装着されています。レバーを起こし、ロックを解除します。

4.ネジを緩める

クイックリリースレバーを押さえながら、反対側のネジを緩めます。最後まで緩めるとレバーが抜けてしまうので注意しましょう。

5.フレームを持ち上げる

ある程度ネジを緩めたところでフレームを上に持ち上げてみます。スムーズに外れたらOKです。外れなかったらもう少しネジを緩めます。

6.タイヤとフレームを分ける

フレームからタイヤを完全に分離したら完了です。フレームを落としたりしないように慎重に扱うことが重要です。

レバーを倒す向きに注意

クイックリリースレバー

クイックリリースのレバーのネジを締める時は、レバーをまっすぐに伸ばしたまま締めレバーを倒す向きは上向きが正解。下や前に倒すと障害物にひっかかる恐れがあるのでNG。またフレームの上だとレバーを最後まで倒すことができないので、これもNGです。

前輪をはめる手順

1.フレームをタイヤにはめる

クイックリリースレバーを積めた状態のタイヤにフレームをはめこみます。タイヤの向きに気をつけましょう。

2.ネジを回す

クイックリリースレバーをまつすぐにキープしながら、ネジを締めていきます。

3.レバーを倒す

ある程度ネジを締めたらクイックリリースレバーを手の平で倒します。

4.ブレーキワイヤをはめる

外れてしまったブレーキワイヤの根元をブレーキレバーに差し込みます。

5.ブレーキワイヤをはめる

Vブレーキ本体をつまみながらブレーキワイヤを装着。本体をしっかりとつまむことがポイントです。

6.外れないかを確認したら完了

乗車前にタイヤが確実に装着されているかを確認しよう。前後に動かしブレがなければ完了です。