クロスバイクの選び方

HOME > クロスバイクの選び方 > フレームやフロントフォークの素材から選ぶ

フレームやフロントフォークの素材から選ぶ

クロスバイクは素材によって乗り心地が大きく異なってきます。初めて選ぶ場合はあまり気にするポイントではありませんが、基礎知識だけでも知っておきましょう。

使っている素材

<広告>

クロスバイクは素材によって乗り心地が大きく異なってくる

スポーツバイクというぐらいなので、使っている素材は専門的なものを使っているメーカーも多いです。

クロスバイクの素材はいくつかあります。フレームやフロントフォークは地面からの衝撃を腕に伝えるパイプになるので、ここの素材によってその衝撃の度合いが変化します。クロスバイクを購入する際には、色々な素材を使った自転車に試乗させてもらうと違いがわかります。

フレームやフロントフォークを素材で大きく分けるとアルミ、クロモリ、カーボンの3種類になり、フロントフォークに関してはそれにサスペンションフォークを加えた4種類が一般的です。使用用途に応じて素材を吟味するのも良いでしょう。

おすすめのフレーム素材は?

おすすめは価格と重量のバランスや、普段使いのしやすさを考えると、アルミ製をおすすめします。軽くて丈夫なうえに、価格帯も幅広いため、選択肢も多いです。

ただ、「細い自転車がかっこいい」「クラシックなデザインがいい」と思う方は、クロモリがいいかも。アルミより多少重いのですが、外形が細くできることが大きなメリット。

AMPIO(ジオス)
フレーム素材:クロモリ 
AMPIO(ジオス)
フレーム素材:アルミ 
CANTARE(ジオス)

予算が潤沢にあるならカーボンがベスト。軽量で振動吸収性が高いので、ロングライドやヒルクライムなどスポーティーな走りに向いています。ただし、高価なことと、万が一車体を倒したり強い衝撃を与えた時に割れてしまう可能性があるため、クロスバイク初心者には扱いづらいかも。

フレーム素材の簡単な特徴

素材 特徴
アルミ 素材としては最も一般的。素材自体に振動吸収性はないので、ダイレクトな突き上げ感があるが、踏み込んだ力をロスしないので加速性に富みます。
クロモリ 細身のパイプが特徴。クロモリとは簡単に言えば鉄。錆びやすく重量が若干重いのが難点ですが、単価が安く振動吸収性があるので長時間乗っていても疲れにくい素材です。
カーボン 最も高価な素材。非常に軽くて剛性が高いうえに振動吸収性にも優れています。ただし衝撃に弱く扱いに注意が必要。フレーム全体がカーボン素材になると数十万円もします。

素材による価格と重量の比較

素材 価格 重量 振動吸収性
クロモリ ◎ 安価 △ 重い ○ 良い
アルミ ○ 普通 ○ 普通 △ 悪い
カーボン △ 高価 ◎ 軽い ◎ かなり良い

フォークの素材

フォーク

乗り味に大きな影響を与えるフォーク。一般的にはアルミ製のものが多いです。カーボン製は軽く振動吸収性が高いのが特徴。クロモリは通好み。サスペンションは悪路向きでダートで威力を発揮できますが、重量が上がるのがデメリット。そのため、サスペンションを採用しているクロスバイクはだんだんと減っています。

速度重視なのか、安定重視なのか、価格重視なのかで選び方が変わってきます。ガタガタ道が多い場合はサスペンションが活躍しますが、そうでない場合は、アルミでも十分。

フォーク素材の簡単な特徴

素材 特徴
アルミ 初心者が通勤や街乗りなどの普段使いをメインに最初に選ぶなら。価格と重さのバランスも良い。
クロモリ 最も安価。少々重いが素直な操作性と振動吸収性で根強く使われている。
カーボン 軽く振動吸収性高い。値段も高い。最近では10万円以下モデルに搭載されていることも
サスペンション スプリングなどで振動を吸収する。街中の段差などでも有効。ただし、重い。